4月のおすすめキッシュ


今月も3種のキッシュ、またはキノパイからお好きなものをお選び頂けます。

写真は、海老、菜の花、長イモとベーコンです。

毎回色々なキッシュが登場します。

キノパイも是非お試しください!

お楽しみに♪

4月のおすすめ

 

「鶏肉とフォアグラと菜の花のテリーヌ チーズグリッシーニ添え」

あっという間に、すっかり春の気候になりました。

やはり春を代表する野菜と言えば、菜の花です。

菜の花のホロ苦みと野性味溢れる香りを、鶏肉とフォアグラが優しく包み込んでいます。

カリッと香ばしいチーズグリッシーニとのコントラストをお楽しみください。

 

「鯛のポワレ ソースブイヤベース」


軽やかに、鮮やかに、春らしくアレンジです。

香りも鮮やかで、目の覚めるようなソースブイヤベース

柔らかく、甘みたっぷりの鯛の身

気分も晴れやかにどうぞ

 

 

 

「牛バラ肉のラグー パイ包み焼き 赤ワインソース」

 

ほろほろと解れるほど柔らかく煮込んだ牛バラ肉を、パイに包んで焼き上げました。

サクサクのパイの中から、ジュワっと染み出る肉汁。牛の旨みを存分にお楽しみ頂けます。

ソースはシンプルに赤ワインソースで。

 

3月のおすすめ

 

「プチキッシュのシーフードサラダ添え」


3月よりテイクアウトでもご提供しております「プチキッシュ」に、海老、ツブ貝、ムール貝、イカのサラダを盛りました。

ご家庭でも、お好きなトッピングでお楽しみ頂ける、前菜にぴったりのキッシュです。

 

 

 

「アンコウのラグー 江別産白インゲン豆添え」」


苫小牧沖で獲れるアンコウです。

独特のプリプリとした肉質をお楽しみください。

ソースはアンコウの出汁に赤ワインを加えたもの。地元の白インゲン豆をたっぷり添えて、濃厚濃密な一皿です。

アンコウの肝付きです!

 

 

「伊達地鶏のバルサミコ酢と玉葱の軽い煮込み」


伊達地鶏、しっとりとし滑らかな肉質と深みのある味わいが気に入っています。

バルサミコ酢の酸味と玉葱の甘味でお召し上がりください。

ニョッキとキノコを添えて。

 

2月のおすすめキッシュ

 

「卵と挽肉と豆もやしのキッシュ」

 

 

今月はボリューミーなキッシュをお届けします。

豆もやしのシャキシャキ、コリコリ感が新感覚!

どうそお試しください。

2月のおすすめ

 

「チカのフリット 野菜のマリネ オニオンドレッシング添え」

 

チカはワカサギに似た魚で、北海道では同様に氷に穴をあけ釣り上げられます。

小さいながらコクがあって、独特な香りが食欲を誘う実力派です。

カラッと揚げたチカに玉葱、パプリカ、トマト等の野菜のマリネをたっぷりと乗せました。

 

 

「イトヨリダイのポワレ ポテトのグラタン 魚のジュースとともに」

 

イトヨリダイは北海道ではあまり馴染みがありませんが、大変淡泊で繊細な味わいの魚です。

卵黄でコクを出したポテトグラタンと合わせ、魚の出汁をたっぷり注ぎました。

お楽しみください。

 

 

「十勝産牛肉と野菜のコンソメポッシェ ホワイトマスタード添え」

 

野菜が高値で、何となく恋しい今日この頃です。

今月のメインはグリーン野菜をたっぷりと使った牛肉のポッシェ。

味わい濃厚なコンソメスープで、芯から温まりましょう!

 

 

1月のキッシュ

 

「自家製ベーコンとトマトとモツァレラチーズのキッシュ」

 

 

今月のキッシュはイタリアン。

ベーコン、トマト、モツァレラは何といっても王道の相性です。

どうぞごゆっくりお楽しみください。

1月のおすすめ

 

「甘エビと大根のミルフィーユ 玉葱ドレッシングと甘エビの卵添え」

 

たっぷり桜色の甘エビと重ねたのは、大根の酢漬け。いわゆる、”なます”です!

隠し味の切り昆布とともに、お正月と初春をイメージした、かなり和風なアミューズです。

玉葱ドレッシングとともにちょっと酸味が効いて、甘エビの甘さを引き立てます。

さっぱりとお食事をスタートいたしましょう。

 

 

「真鯛のポワレ 赤ワインソース 温野菜添え」

 

旬の真鯛がお魚のメインディッシュです。

肉厚で引き締まった身をシンプルにポワレで。

濃厚な赤ワインソースが真っ白でさっぱりとした鯛の身を引き立てます。

こちらも”おめでたい”お正月らしい一皿です。

 

 

「骨付きイベリコ豚のソテー ソース・ジュー・ド・ボー」

 

お肉のメインも華やかに、イベリコ豚で。

サクサクとした歯ごたえとまろやかな味わいの逸品。脂もしつこくなく、豚肉があまり得意でない方にもおすすめいたします。

ソースも豚の肉汁を軽く煮詰めたジュ・ド・ボー。どうぞご堪能ください。

 

 

11月のおすすめキッシュ

 

「鯖とネギのキッシュ」

 

酒のつまみから思いつきました!

和風?ですが、アパライユ、チーズの風味と絶妙なコンビネーションです。

骨まで食べられますので、健康にもよし。

是非お試しください。

11月のおすすめ

 

「テリーヌ・ド・カンパーニュ シェ・キノ風 フロマージュソース」

 

 

鶏肉ベースにベーコン脂を加えて、さっぱり、ふんわり軽いテリーヌです。自家製コーンドビーフがアクセントになっています。

ソースはブルーチーズとカマンベールチーズをミックスして、少しコクを出しました。

お食事のスタートにどうぞ。

 

 

 

「舌平目のムニエル 玉ねぎのピクルスとサフランのソース」

 

 

北海道では珍しい、舌平目が入りました。苫小牧沖のものです。近年の温暖化現象で、北海道の漁獲も様変わりしているのを感じます。と言っても舌平目は希少です。

やはり舌触り、香りともに他の白身魚とは別物です。

この機会に是非ご賞味ください。

 

 

 

「シャリアピンステーキ」

 

お肉料理のメインはシンプルにあえて飾り気なく、「シャリアピンステーキ」です。

北海道産の経産牛ですが、濃厚な味わいを、シンプルにステーキで楽しんで頂いたいと思います。

よく叩いてから玉ねぎをたっぷり乗せて焼いてありますので、しっとり柔らかくなっています。

 

 

10月のおすすめ

 

「ツブ貝とジャガイモの赤ワインビネガーマリネ オリーブのソース

 

新じゃがとツブの歯ごたえを残しつつ、滑らかな舌触りにまとめました。食感が楽しめる一皿です。

赤ワインビネガーとオリーブの酸味と香りも同時にお楽しみください。

 

 

 

「アブラコのポワレ 葱のクリームソース」

本州ではアイナメと言われる魚です。体が油を塗ったように光っていることから、北海道では「油子」と呼ばれるようです。

大変柔らかくて上品な白身なので、クリームソースを合わせました。葱をじっくり蒸し煮して旨みを凝縮したエキスをクリームで伸ばしています。

ソースと魚の一体感をお楽しみください。

 

「地鶏と秋野菜のグリル 赤ワインソース」

 

鶏肉を1時間以上じっくり塩茹でしてから、グリルパンで焼いています。

さっぱりとしていながら、柔らか、滑らか。

味の凝縮感もバッチリです。

付け合わせは秋の味覚を取り揃えました。