10月のおすすめ

 

「ツブ貝とジャガイモの赤ワインビネガーマリネ オリーブのソース

 

新じゃがとツブの歯ごたえを残しつつ、滑らかな舌触りにまとめました。食感が楽しめる一皿です。

赤ワインビネガーとオリーブの酸味と香りも同時にお楽しみください。

 

 

 

「アブラコのポワレ 葱のクリームソース」

本州ではアイナメと言われる魚です。体が油を塗ったように光っていることから、北海道では「油子」と呼ばれるようです。

大変柔らかくて上品な白身なので、クリームソースを合わせました。葱をじっくり蒸し煮して旨みを凝縮したエキスをクリームで伸ばしています。

ソースと魚の一体感をお楽しみください。

 

「地鶏と秋野菜のグリル 赤ワインソース」

 

鶏肉を1時間以上じっくり塩茹でしてから、グリルパンで焼いています。

さっぱりとしていながら、柔らか、滑らか。

味の凝縮感もバッチリです。

付け合わせは秋の味覚を取り揃えました。

 

 

10月のキッシュ

 

「江別産落花生のキッシュ」

 

江別の落花生が収穫期を迎えました。

毎年楽しみにしている方が多いのでは?

私の最も好きなキッシュの一つです。

9月のキッシュ

 

「長イモと青ネギのキッシュ」

 

長イモのほっこり、サクサクした食感と、青ネギの香りが印象的なキッシュ。

とっても食べ応えがあるキッシュです。お楽しみください。

9月のおすすめ

 

「花咲ガニのガトー仕立て オリーブヨーグルトソース」

花咲ガニの身、そして蟹子をゼリー寄せにして、赤パプリカのムースに乗せました。

キングクラブと言われるタラバガニより濃厚な味わい、独特な香りのある花咲ガニ。

パプリカの甘味とヨーグルトを効かせたさっぱりソースとのコントラストをお楽しみください。

 

 

「カンパチのポワレ トマトブイヨンのスープ仕立て」

北海道ではあまり馴染みのない魚が近年漁獲されていますが、カンパチも最近お目見えするようになりました。

カンパチの淡泊で繊細な身を引き立てるように、トマトを使ったさっぱりとしたスープに添えてみました。過行く夏の名残を感じて頂ければと思います。

 

「塩漬けイベリコ豚のグリル 三種類のお豆を添えて」

 

イベリコ豚のばら肉を塩漬けにしてからグリルしました。

脂身は多いですが、この脂こそイベリコ豚の醍醐味。サクッと歯切れがよく、じわっと口に広がる旨み、甘味。ベトベト、ギトギトの脂とは一線を画します。

どうぞご堪能下さい。

 

 

8月のキッシュ

 

『とうもろこしのキッシュ』

 

8月はやっぱりトウモロコシ!

あえてシャキシャキ感を残しています。

滑らかなアパライユの中で瑞々しくはじける感覚をお楽しみください。

8月のおすすめ

 

『貝のシャンパン風ジュレ ヴィシソワーズとのハーモニー』

 

8月に入りましたが、まだまだ暑い日が続いています。

こんな日に飲みたいシャンパンを模して、アサリ、ツブ、昆布のジュレをシャンパングラスに。泡はヴィシソワーズで表現しました。

もちろんシャンパンとも合います!

 

 

『カナガシラのポワレ ズッキーニのソース』

毎年この時期は大小さまざまなズッキーニが店に集結します。

意外に万能なのが、ズッキーニのソース。何にでも合いますが、特に繊細な魚の料理にぴったり。

色合いも鮮やかで涼し気。どうぞお試しください。

 

 

 

『シェ・キノ風ムサカ』

ムサカは地中海沿岸の料理で、国によって様々なバリエーションがありますが、こちらは「シェ・キノ風」。

ラム肉のハンバーグをナスで巻いてオーブン焼きにしました。

ナスの甘味がラムハンバーグのジューシーな肉汁と合わさって、エキゾチックな美味しさです。

 

7月のおすすめ

『ヤリイカと自家製ベーコンのガーリックソテー 夏野菜添え バターソース』

本格的な夏に入りました。

食欲が低下ひがちな暑い日のために、ガーリックを効かせた栄養たっぷりの前菜をご用意しました。

肉、魚、色鮮やかな野菜の一皿です。

 

 

『ブリのポワレ 昆布出汁で作った新じゃがのクリームソース』

北海道でもブリは定番の魚になってきました。

夏らしく、クリームを使わず、昆布とブリの頭を使った出汁で、さらっとした新じゃがのソースを作りました。

お野菜は大根と白菜です!

 

『道産豚ロースのアーモンド焼き 自家製ショートパスタ添え ゴルゴンゾーラソース』

アーモンドもビタミンたっぷりで体にいいそうですね。

細かく刻んだアーモンドをたっぷり衣にして、表面をカリッと、中はふっくらジューシーに焼き上げました。

自家製ショートパスタはシュペッツレです。どうぞお楽しみください。

 

 

 

 

6月のおすすめ

 

「自家製ポークハムとアスパラガスと筍のテリーヌ 自家製ピクルス添え ポテトソース」

長いメニュー名になってしまいました。

旬の筍と江別産グリーンアスパラガスを使った春の香りのテリーヌ。そして色とりどりの野菜ピクルスで華やかに。

街にはライラックに続き、ハマナスが香りを漂わせています。

お花見気分で、香りと彩りもお楽しみください。

 

「ソイのソテー 酸味を効かせた夏野菜のソース仕立て」

 

こちらは初夏を先取り、酸味をきかせてパンチある味つけです。

ソイの滑らかで優しい舌触りとのコントラストをお楽しみください。

 

 

 

 

「豚肉のアンクルート 赤ワインソース 江別産野菜のフリット」

 

豚ロース肉で挽肉を巻き、パイで包んで焼き上げました。

とてもジューシーでフワフワの食感です。

フレッシュローリエを刻み、香り豊かに仕上げました。

種類も豊富になってきた江別の野菜をフリットで。