11月のおすすめ


「チーズの籠に入った帆立のスモーク サラダ仕立て」

大ぶりの帆立を薫り高くスモークにして、チーズでできた籠に載せた一品。

何とも言えない薫香です。

きっとワインが欲しくなります!

 

 


「新米のリゾット ソイのロースト ヴァン・ブラン・ソース」

江別産の新米をミラノ風にサフランの香りをつけたリゾットに。

その上にソイのふんわりローストをロール状にして載せました。

ソースは白ワインベース。こちらも香りをお楽しみください。
 

 


「鴨もも肉のロースト 茸のブルーテ」

お肉は鴨もも肉のしっとりローストです。

さっぱりしていますが、鴨肉の旨味が凝縮されていて食べ応え十分。

茸のブルーテが優しい甘味を添えています。

10月のおすすめキッシュ

「ちりめんじゃこと白菜と葱のキッシュ」


今回はちょっと和風なキッシュです。

3者ともいい味を出してくれています。

日本酒にも合いそう・・・なキッシュです!

10月のおすすめ


「甘エビのジュレと焼きナスのアンサンブル 季節のサラダ添え」

ナスが本当に美味しい季節ですね。

甘エビの出汁のコンソメに焼きナスを漬け込んで、しっかりと味をしみこませ、甘エビの身と重ねました。

ナス本来の甘味と甘エビの甘味が見事なアンサンブルです!

季節の野菜の彩りを添えて。

秋のパレットをイメージした最初の一皿です。

 


「帆立貝と地元野菜のア・ラ・ナージュ」

前菜に引き続き、お野菜たっぷりで隠れていますが、帆立がしっかり泳いでいます!

「ナージュ」とはフランス語で「泳ぐ」という意味です。魚介の出汁を煮詰めてバターを加え、その中で白身魚や貝などを「泳がせ」、火を通します。

今回はトマトとオリーブオイルを加えて、赤く、南国風に仕立てました。

 


「豚スペアリブの燻製とレンズ豆のブレゼ」

お肉は塩漬け豚スペアリブの自家燻製です。

燻製器も手製なので、なかなか手間暇かかりますが、この味の凝縮感は燻製ならでは。

お肉はとっても柔らかく、さっぱりとしていますよ。

どうぞご賞味ください。

9月のおすすめキッシュ

「トマトとナスのキッシュ」


ナスが美味しい時期ですね。実はトマトも秋口に美味しくなります。

この2つを一緒に閉じ込めました!

もちろんどちらも江別産です。

どうぞ召し上がれ!!

9月のおすすめ


「フォアグラのプディングとパテ・ド・カンパーニュ ビネガー風味のホイップクリーム添え」

暑い日が続いていますが、そろそろ食欲の秋の訪れです。

前菜はしっかりとしたボリュームのある一皿。フォアグラのプディングは東京時代の思い出のメニューです。

フォアグラにパテ・ド・カンパーニュと濃厚な味覚が重なりますので、シェリービネガーを効かせたホイップクリームをアクセントに。

是非スパークリングワインと合わせてお召し上がりください。

 


「目鯛とナスのピュレのグラタン」

お魚は優しい味わいの目鯛で。軽く焼き目をつけてから、ナスのピュレを載せて天火で焼き上げました。

目鯛のしっとりとした舌触りをお楽しみください。

ナスも、添えている野菜も、今が最高に美味しいです!

 


「牛モツと豚バラ肉のキャベツ煮込み パセリとオリーブオイルのソース」

お肉は再び二重奏です!

牛モツと豚バラ肉をキャベツと一緒に柔らかく煮こみました。

キャベツの甘味が溶け込んで、何とも官能的な味わいです。

牛モツは臭みも全くありませんが、パセリをたっぷり載せて香りづけしています。

モツに抵抗のある方にも是非一度お試しいただきたい一品です。

8月のおすすめキッシュ

「とうきびのキッシュ」


8月といえば、「とうきびのキッシュ」です。

毎年定番ですね。今年もたっぷり入れました。

お待ちかねの皆さま、どうぞお楽しみください。

8月のおすすめ


「海老と地元野菜のサボネット 冷たいチーズフォンデュソース」

気温も上がってきて、夏も本番ですね。おいしいものをしっかり食べて、乗り切りましょう。

前菜は海老と地元のお野菜いろいろを細かく刻んだチョップドサラダ風。それをサボネットに。サボネットはシャボン、つまり石鹸型です。

ソースは少しコクのあるチーズフォンデュでどうぞ。

 


「川マスのポワレ ソース・ヴェルジュ」

お魚も夏らしくさっぱりと。道産の川マスをシンプルにポワレに。

ソースは南フランスの魚料理には欠かせない「ソース・ヴェルジュ」。トマトと玉葱とヴィネガーを使った爽やかなソースですが、今回はヴィネガーではなくレモンで仕上げました。ちょっといつもと違うお魚料理で。

 


「クー・ド・ブッフのトルティーヤ パセリのジェノベーゼソース」

「クー・ド・ブッフ」は、オックステール(牛のしっぽ)の赤ワイン煮込みですが、今回は赤ワインを使わず、コンソメであっさりと煮込み、軽い仕上がりにしました。

それを自家製トルティーヤで巻いて。パイ包みとはまた一味違う美味しさです。

ソースはバジルの代わりにパセリでジェノベーゼ風のソースにしました。

どうぞお楽しみください。

テイクアウトメニューご好評頂いております!

お蔭様で沢山の方にテイクアウトメニューをご利用頂いております。新北海道スタイルにて営業しておりますが、引き続きテイクアウトメニューもご用意いたします。どうぞこの機会にお試しください。

〇弁当     ¥1000(税抜)
〇幕の内    ¥1500(税抜)
〇DX弁当   ¥2000(税抜)
〇オードブル
1名様分¥2000(税抜)を
2名様分から

ご利用お待ちしております!

(写真はオードブル2名様分の例です。)

7月のおすすめ

「ホタテ貝・ニンジン・ブロッコリーのミルフィーユ ホタテ風味の自家製マヨネーズソース」

3ヵ月ぶりのお料理紹介です。皆様ご無沙汰しております。季節はすっかり夏に移りました。夏のシェ・キノも美味しいものを沢山ご用意しております。

前菜はホタテ貝を主役にお花畑をイメージしたミルフィーユ仕立てです。最高のホタテです。柔らかくて、いつの間にか口の中で溶けてしまうような軽やかさです。

ソースは少し酸味を効かせた自家製マヨネーズソース。楽しい夕食の序曲になりますように。

 

「日高沖天然ブリのグリル トマトとズッキーニのピアン添え」

引き続きブリが豊漁のようです。とびきり新鮮なブリが手に入ったので、軽く炙るように、中はしっとりのグリルにしました。噛むとキュキュッと音がするくらい身が引き締まっています。

夏らしいさっぱりした歯切れのいいブリに、トマトとズッキーニの重ね焼きをたっぷりと。ケッパーの酸味がアクセントです。

 

「道産牛のロース シャリアピンステーキ 牛蒡のヌードルと共に」

帝国ホテルで生まれた日本料理(?)=「シャリアピンステーキ」です。帝国ホテルに泊まったロシアが誇る歌手「フョードル・イワノヴィッチ・シャリアピン」のために考案されたのが始まりです。タマネギのみじん切りに漬け込んでから焼くのが独特です。

タマネギの甘味をたっぷりまとい、仔牛肉のように柔らかいステーキ。いつものステーキとはまた違った美味しさを是非お試しください。

ちなみに海外で「シャリアピンステーキ」と注文しても殆ど通用しないようですのでご注意を!